実践相続税ガイドシュミレーション

会社設立

・相続税の計算をするときに知っておきたいこと
相続財産がどれくらいになるのか、基礎控除額がいくらになるのかを計算しなければなりません。
ここでポイントになるのが相続財産にプラスの財産とマイナスの財産があることで、相続税の対象になるのはプラスの財産からマイナスの財産を引き、そこからさらに基礎控除額を引いて出た部分が当てはまります。
相続税の基礎控除額は3,000万円 + (600万円 × 法定相続人の数)で計算することになっていますので、たとえば法定相続人の数が3人の場合は3,000万円 + (600万円 × 3)となりますので基礎控除額は4,800万円になります。
仮にプラスの財産からマイナスの財産が8,000万円あったとすると、8,000万円から4,800万円を引いて出た部分が相続税の対象になりますので、3,200万円が相続税のかかる部分になります。
このあたりはどんな財産をあるのか、そして計算結果などをexcelなどでまとめておくと分かりやすいかもしれません。

・相続財産の種類を把握しておこう
次にどんなものが相続財産の対象になるのかも知っておく必要がありますが、まずプラスの財産とは宅地、農地、建物、店舗、居宅、借地権、借家権といった不動産関連の財産や現金、預貯金、株券、貸付金、売掛金、小切手などさらに自動車、家財、船舶、骨董品、宝石、貴金属、美術品といった動産、ほかにも電話加入権、ゴルフ会員権、著作権、慰謝料請求権、損害賠償請求権といったものがあります。
そしてマイナスの財産には借金、買掛金、住宅ローン、小切手、未払いの所得税と住民税、その他未払いの税金、未払い分の家賃・地代、未払い分の医療費といったものがあげられます。
先ほども言いましたが、相続税の計算時にはプラスの財産からマイナスの財産を引くので、マイナスの財産に該当するものは引けるものとしてカウントしていってください。
その結果マイナスのほうが多くなったとすると、当然相続税の対象にはなりませんが、そのかわりマイナスの部分を負担しなければならない可能性があるので相続放棄や限定承認といった選択肢もあります。
さらに相続の対象にならない財産もあって、被相続人の一身専属権と呼ばれるその人にだけ与えられた権利、一部の生命保険の保険金、さらに香典や仏具、墓石といったものは含まれません。
また、相続人には基礎控除が適用されますから相続財産の総額から基礎控除を引いて出た金額が相続税の対象になります。

相続税で考えたい配偶者控除

相続

相続税が必要となってくる時、やはり考えておきたいのが控除のことです。
相続税の場合は、基礎控除として3,000万円と相続人ごとに600万円が用意されています。それを超えない限りは、相続税も発生しません。
また、相続税に適用できるのは基礎控除だけではなく、実際には他にも色々な控除があるのです。
それらの控除の中でも代表的なものとして考えておきたいのが、配偶者控除です。
配偶者控除というのは、文字通り配偶者が受けられる控除となっています。
配偶者というのは、夫から見ると妻、妻から見ると夫です。
つまり、結婚している方のことを配偶者と考えているのが、現行の法律となります。
この配偶者も同じ税率だと、やはり負担が大きくなってしまいますよね。
それを避けるため、国では配偶者だけに特別な控除を用意しているのです。
配偶者控除を上手に活用できれば、税負担はかなり軽減することができるでしょう。

まず、配偶者控除の概要としては、正味の遺産額が法定相続分以内であれば、税金がかからないと設定されています。
遺産額が法定相続分を超過していなければ、配偶者の方は税金を払わなくて良いのです。
つまり、これは配偶者の方の負担をより軽減するために考えられている税金だと言えるでしょう。
それはそのはずで、今まで一緒に苦労して夫なり妻なりと生活を送ってきて、亡くなったら他の家族と同様の税率負担となるというのは、納得できないはずです。
なぜなら、その遺産に関しては、一緒に築いてきた財産や資産でもあるからです。
そういう考え方が日本では根付いているということもあって、配偶者は特別に控除を受けることが可能となっています。
もちろん、配偶者である必要があるので、恋人や愛人などには適用されません。
しかし、本人たちの間で婚姻届けを提出している場合などは、例外なく配偶者控除も受けられる可能性が高いです。
そこは税理士などに相談してみて、配偶者控除が受けられないかどうか考えてみてください。

この手の相談に関しては、相続税に慣れている税理士に相談することをおすすめします。
相続税に関しては、専門分野としている税理士も多くなっています。
税理士の中には会社や企業の税務を担当している方も多いですが、近年はより高齢者が増加していることによって、相続税に目を向けている方も増えています。
そういう税理士から活用していくと便利なので、良い税理士を見つけておきましょう。

相続税の課税対象は?

相続税01

相続税は、相続税の改正に伴い課税対象者の範囲が広くなっています。
そこで今回は、相続税の課税対象になるかどうかのポイントについて、詳しく解説していきたいと思います。

まず、一番大事なことは、法定相続人に該当するかどうかということです。
相続税は法定相続人本人にかかってくるものですので、自分が該当するかどうかを調べてみると良いでしょう。
ちなみに法定相続人というのは、被相続人の子供や親、兄弟姉妹、配偶者などの親族が関係してきます。

また、被相続人が遺言書に遺贈をする相手を明記している場合は、その人が法定相続人になります。
さて、法定相続人として選ばれた後は財産を相続することになるのですが、いくらから税金がかかってくるのかについて、詳しく調べておかなければなりません。
相続税の税金がかかってくるボーダーラインというのは、基礎控除額を超えているかどうかというところが重要になります。
基礎控除額というのは、3000万円+600万円×法定相続人の数で求めることができ、この計算式で求められた金額を、相続した財産の金額が超えていれば、相続税の課税対象ということになります。

例えば、法定相続人が一人の場合は、3600万円が基礎控除額となりますので、それを超える金額を相続した場合、超えた金額に対して相続税が課税されます。
税率は相続財産の取得金額によって累進課税が適用になります。
ちなみに相続税は、所得税とは違いますので、確定申告ではなく相続税の申告を別に行わなければならないので注意しましょう。

相続税は、近年法改正により基礎控除額が大幅に減額になりました。
それによって、これまで相続税の対象にならなかった人でも適用になっている恐れがありますので、今一度遺産を譲り受けた場合は、資産価値とを十分に調べる必要があります。

家の場合は、土地と建物の総額が資産価値となります。
土地は路面図を参考にして価値を調べることができ、住宅は毎年送られてくる固定資産税評価額に建物価格と同じ意味 がありますので、そちらを資産価値として計上することになります。

住宅に相続税が課せられた場合、相続税を支払う時に現金が用意できないケースも多々あるのではないかと思われます。
そうなってくると財産の差し押さえのリスクが生じてしまいますので、あらかじめ金策をするか、何かしらの対処が必要です。
ただ、住宅には節税となるポイントがいくつかありますので、宅地や建物などの不動産を相続した人は、税理士か会計士などに相談して、問題を解決してもらうようにしましょう。

相続税に印鑑証明は必要?

相続税

相続税の申告や納税において、印鑑証明が必要となる場合はあるのでしょうか。
実際に単純な相続税の申告や納税の手続きでは、印鑑証明も必要となりません。
ただ、相続税の算出においては印鑑証明などが必要となる場合もあります。
もともと相続に関しては、手続きが煩雑で、必要となる書類に関しては専門家の中にも把握していない人がいるほどです。

すべて把握するというのはかなり大変だと言えるでしょう。
また、相続の場合は土地や建物など不動産関係のものもありますし、貯金や預金などの現金関係のものもあります。
印鑑証明が必要となる場面も出てくるので、事前に用意しておくようにしましょう。
もちろん、不安な方は専門家と相談しながら準備を進めていくことをおすすめします。
事実、必要となる書類などはわからないことが多いですし、その他に必要となる準備に関しても理解していない方は多々います。
そうなると、せっかく相続税の申告をしようと思っても、ミスが発覚することもありますし、トラブルや問題になることもあるのです。

近年は相続税も色々な状況が増えてきて、それぞれ状況によって変わってきます。
事実、3,000万円と相続人1人当たり600万円までは、非課税となっているのが相続税の特徴です。

つまり、財産の評価によってはそれほどの価値がない場合もあるのです。
近年は現金で遺産を遺すという方もいますが、一般の価値であれば3,600万円を超えるということもなかなかないかもしれません。
そういう場合は、相続税の申告や納税は必要ありません。
ただ、土地や不動産がある場合は、財産評価をおこない、それによって価値を決めて申告することが必要となります。
そこもしっかり考えておかなくてはならないため、大変なことも多くなると言えるかもしれません。
事実、近年は多くの方が困惑していて、こればかりは専門家でないと対処が難しいということもあるでしょう。

印鑑証明はもちろんですが、他に必要となってくる書類もあるので、事前に自分で調べてみると良いかもしれません。
近年はインターネット上に情報が記載されているし、専門家に相談すれば用意するものもわかってきます。
自分で考えているとやはりミスしてしまうことも多いですし、手続きも煩雑でわからないことが多くなります。
どうせなら最初から専門家に丸投げしてやってもらった方が安心と言えるでしょう。
それらも考えておくだけで、気持ちが楽になるのではないでしょうか。

相続税の相談と行政書士

相続をして相続税の計算が必要になったとき、基本的には自分で計算をしたかったり、この計算を専門家に一部依頼したかったりすることも多いでしょう。
このときの相談相手として、行政書士は適切でしょうか?
相続のとき、実際に行政書士に相談をする機会はあります。
遺産分割の手続きの流れの相談や、遺産分割協議書の作成などでは、行政書士は頼れる専門家です。
Continue reading “相続税の相談と行政書士”

相続税の代償金と相談

相続税を計算するとき、比較的簡単なのは、現金や預金などを等しく分割するときなどです。
しかし実際にはそのような分割が難しいケースも多く、代償金を払って遺産相続を解決するケースも珍しくありません。
このようなときに相続税はどうするのか、相談も多いケースです。
これについてですが、遺産の分割方法がやや特殊なだけに、税金の計算式も通常とは少し異なります。
よく税理士にも相談されるその計算法について、簡単にご紹介しましょう。
Continue reading “相続税の代償金と相談”

相続税の注意点と相談

自分で相続税を計算するときの注意点について知っておくと、税理士に相談する必要性が減りますし、もし相談をするときも、要所をふまえた相談ができますからおすすめです。
知っておきたいその注意点とは、他の税金の基本的な計算方法とは少し違う点です。
普段から税金の計算を自分でやっている方ほど間違いやすい部分ですから、この注意点はよく確認するといいでしょう。
Continue reading “相続税の注意点と相談”

税務調査と相談

相続税を計算するときは、できるだけ正確に計算することが大切です。
これが大切なのは、もちろん申告内容に不備が出ないようにするためですが、これは税務調査を避けるためにも大切なことです。
もしこれが来た場合、急いで税理士まで相談に行く必要がある場合がほとんどです。
計算前に知っておきたい、これらのポイントをご紹介しましょう。
Continue reading “税務調査と相談”

相続税の申告書と相談

相続税の計算について、専門家に相談されやすい理由の1つが、申告書です。
これは税額を正しく計算すれば終わりではなく、それを申告書にまとめて提出しないといけません。
その申告書の枚数自体がかなり多いですし、それぞれの書類の作成も決して簡単ではありません。
これがあるため、相続税の計算はその後の申告書作成と合わせて、税理士まで相談されることが多いのです。
Continue reading “相続税の申告書と相談”