相続税の相談と行政書士

相続をして相続税の計算が必要になったとき、基本的には自分で計算をしたかったり、この計算を専門家に一部依頼したかったりすることも多いでしょう。
このときの相談相手として、行政書士は適切でしょうか?
相続のとき、実際に行政書士に相談をする機会はあります。
遺産分割の手続きの流れの相談や、遺産分割協議書の作成などでは、行政書士は頼れる専門家です。

その延長で相続税の計算についても相談できるかというと、これはできないことが多いです。
これについては、行政書士の対応業務外となります。
相続の分野に強い専門家なら税金の対応もできるものと思われがちですが、これの対応ができるのは税理士のみとなります。
それ以外の専門家は、これに対応できません。

なぜかというと、税金についての相談の受付や、計算や申告手続きの代行は、税理士の独占業務となっているからです。
つまり税理士以外の方が、なにかの税金の相談を受け付けたり、その計算や申告手続きを代わりにやったりすると、それは違法行為となります。
相続税も税金の1種ですから、これについて相談がしたければ、頼める相手は税理士だけとなるのです。
そのため、相続関連の依頼を多く請け負っているベテランの行政書士がいても、その方に相続税の相談ができることは、基本的にありません。
もしこの税金について相談がしたいときは、それだけを税理士まで改めて相談するようにしてください。

なお、行政書士の事務所の方で相続税の相談も受け付けるとする場合もありますが、これはその行政書士本人が対応するのではなく、その事務所が相談の受付窓口となり、改めて別の税理士へ委託している例が多いです。
事務所によっては相続税についての相談を希望する利用者には、提携税理士を紹介するという例もありますね。

いずれにせよ、その行政書士本人が税金の相談を受けられるわけではありません。
この点は気をつけてください。
ただ、その行政書士が他の税理士への窓口になってくれる場合、自分で税理士を探す手間なども省けますから、そのような事務所のサービスを使うのはおすすめです。