相続税の注意点と相談

自分で相続税を計算するときの注意点について知っておくと、税理士に相談する必要性が減りますし、もし相談をするときも、要所をふまえた相談ができますからおすすめです。
知っておきたいその注意点とは、他の税金の基本的な計算方法とは少し違う点です。
普段から税金の計算を自分でやっている方ほど間違いやすい部分ですから、この注意点はよく確認するといいでしょう。

他の税金、たとえば所得税の申告で基本的に行われるのが、課税金額をまず計算し、その金額に税率をかけるというもの。
たとえば課税所得が500万円なら税率は20%です。
これは単純な掛け算で、500万円×0.20で100万円となりますよね。
あとは計算した税額から追加で控除する金額があれば、それを引いて終わりです。
課税所得500万円の場合、42.75万円を控除できますから、所得税は57.25万円と計算できます。

この計算は税金特有のものですが、逆にいえば、一度慣れてしまえばほかの税金でもおなじみの計算となるでしょう。
慣れていない人が気をつけたいのは、対象になっている金額の全額が課税対象ではないため、その金額のうち課税対象となる金額を事前に計算すること。
所得税でいえば、年収がそのまま課税所得になるわけではありませんから、この中の一部の課税金額を事前に計算するのがポイントになります。

相続税もここまでの流れは同じなのですが、他の税金と違うのは、その遺産の総額を特定の相続人が1人ですべて相続するケースは少ないこと。
これを何人かで分けるケースが多いのですが、そのようなケースでこそ注意したいのは、遺産の課税金額を計算した後、法定相続分に従って一度相続人同士で分けたものと仮定して、その状態でそれぞれにかかる税額を計算すること。

この仮の分割をせず、遺産の課税金額の全体に相続税率をかける計算は間違いとなります。
相続税を計算するときは、必ず一度相続人同士で分けたものと仮定して、その状態で相続税をそれぞれ計算してください。
そして最後にすべての相続税を合算すると、その相続でかかる相続税の総額を計算できます。
間違いやすい注意点ですから、よく確認してください。