相続税の節税と相談

相続税を計算するとき、できるだけ節税したいと思いますよね。
決して違法な方法などではなく、よく使われる方法でいいものがあります。
税理士などにこの件で相談されることも多い方法で、これを使って計算すると、相続税をかなり節税できることが多いです。

その方法とは、相続税を計算するときに使える特例を使うこと。
これを使うと、相続税を大幅に抑えられることも多いです。
よく使われるのが、配偶者の税額の軽減です。
これを使うと、配偶者にかかる相続税を大幅に軽くできます。

この制度は、配偶者が実際に相続した遺産の金額について、一定の基準までは相続税をかけないというもの。
その基準とは、1億6000万円か、もしくは配偶者の法定相続分までかのどちらか高い方までとなります。
配偶者にはなるべく相続税がかからないように、このような特例がありますから、これを使うといいでしょう。

これを使うときの計算法ですが、まずは普通に相続税額を計算します。
今回の相続で対象になる遺産の総額を計算し、そこから基礎控除を引いて対象となる課税額を計算します。
その後、法定相続人同士が規定の割合にそって分割したものとして扱い、そこでそれぞれの相続税を計算したあと、それを合算すれば総額の計算ができますね。
そして最後に各相続人が実際に相続した金額に応じて、相続税も分割しますが、この段階で配偶者の税額の軽減を適用します。
このときに配偶者が実際に相続した金額について、1億6000万円までか、もしくは法定相続分か、どちらか高い方までは相続税がかかりませんから、配偶者が負担するはずの相続税を軽減できます。
これが節税となるのです。

なお、この特例を使わずに計算し、そのまま申告した場合は、使える特例があった場合でもその特例は使われない状態で計算され、相続税がかかります。
使える特例があった場合は不利ですから、この特例を使った状態で計算すると、節税になりますからおすすめです。
この配偶者の特例のほか、自宅の住宅に関する特例などもよく使われますから、できるだけ節税したいときには使ってみましょう。